2011年05月01日

講演会

場所:沖縄県浦添市中央公民館2F視聴覚室日時:19:00〜21:00 平成23年7月6日、13日、20日、27日(毎週水曜日)
       浦添市中央公民館のYahoo地図http://yj.pn/gCeEw8
対象:浦添市に在住もしくは職を有する者
申込:浦添市教育委員会社会教育課098−876−1234(6661)
沖繩の年中行事内容梗概(全四回)
 昔からの言伝え(民間伝承)には、人間が生き抜くための知恵という側面がある。それをしなければ病気になる、死んでしまう、という恐れがあるためだ。現代のセンスで民間伝承をみると、生活環境が異なるために、その必要性は余り認識されず、迷信扱いされることが殆どと言って良い。しかし、良く考えてみると、現代にもすべからく通用する内容であることはすぐ分かる。そういった民間伝承が年中行事に集約されている。その民間伝承は、伝統文化である祖先崇拝の論理に基づいたものだ。したがって沖繩の年中行事の意味を理解するには、祖先崇拝というものをまず理解した上でなければ余り意味が無い。このような観点から、現代においても重要な意義を持つ年中行事について学ぶ。

第1回 7月6日(水)年中行事概略
第2回 7月13日(水)人間の精神構造と家族
            祖先崇拝の意義
第3回 7月20日(水)トートーメーにまつわる祭祀 効果のある御意趣(グイス)の作り方
第4回 7月27日(水)年中行事と日本(沖繩)社会
posted by Dr.MataYan at 09:25| 沖縄 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

第7回親学講演会/高橋史朗明星大学教授に参加して

今日(2010年5月30日14:00〜16:00)は、沖縄県立博物館・美術館にて、”親学”についての明星大学教授の高橋史朗氏の第7回目の講演が行われた。主催は、沖縄の教育を考える会
である。
感想を記しておこう(^^;

わしが主催する日本文化の心理学と家族療法とは"日本文化"という点で共通性があるので、どういうものか以前から関心がり、今日は3回目の参加である。もちろん、氏が主張されるように、現代は親になるための教育が必要である、というのは全くその通りだと思う。わしだって、これは四半世紀ほども前から、結婚には、それだけの準備をしなければ破綻するものがある、と思っている。何しろ、親からの、こういった精神的な面の伝承が大変に希薄になっていると痛感するからだ。しかも、わし個人も、生まれてこの方30年も小学校〜大学までいても、読み書きはともかく、人間について、家族について、親子について、…、といったことは全く学ぶ機会がなかったのだ。その意味では、こういう試みが広がっていく事は大変に喜ばしいことである。

続きを読む
posted by Dr.MataYan at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

No.235 出版記念講演&祝賀会

以下の要領で、又吉正治氏の「まぶい分析学・皇位・トートーメー継承の理論と実際」の出版記念講演および祝賀会を執り行います。関心ある方は振るってご参加下さい。なお、事前に参加することをお知らせいただければ幸いです。

日時:2008年11月12日水曜日 19:00〜21:00
場所:〒901-0305沖縄県糸満市西崎町4−21−5
株式会社 東洋企画印刷
会費: ¥3,500円(アルコールはありません(--;
食事とソフトドリンクを準備
立食形式、休憩用の椅子は30人分を用意しています。
次第:本(まぶい分析学)ができるまで・・・会社見学
来賓挨拶
講演 まぶい分析学こぼれ話
その他  進行担当 玉城雅夫(糸満市役所観光政策室)
posted by Dr.MataYan at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

No.228 平成20年度未考会講演

未考会というのは、矢野経済研究所顧問、潮流社社長、美ら海沖縄大使、・・・、を務めておられる矢野弾氏が主宰されている、経営者、管理職の方々のため の、毎月一巻の勉強会です。東京・大手町の経団連ビルで行われています。9月18日は、僕が講演を行う機会を与えて頂きました。関係者各位へ深謝します。

左側の起立者が矢野弾氏、ほぼ中央の城のクールビズ(かりゆしウェア)着用者が僕(^^;
続きを読む
posted by Dr.MataYan at 18:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 講演記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする