2008年06月06日

No.197 欧米と日本の動向が正反対?!(続)

No.196 に引き続き、日本の場合を考えてみましょう。

日本の場合、どうも女性は男性に虐げられている、ということは一般的には当てはまらないような気がしてなりません。『亭主関白』なんて意地を張っているのは、少なくとも自分の周りではきわめて少数派ですし、家庭はカカア天下くらいがとうまく行く、といった伝承もありますし・・・しかし、まずは女性優位、これは虐げられているとは対極ですが、であることの事例をいくつか探してみましょう。
続きを読む
posted by Dr.MataYan at 17:07| Comment(1) | TrackBack(0) | フェミニズム・男女共同参画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.196 欧米と日本の動向が正反対?!

No.195 秘技!おっぱいさらし!のエッセイを書いているうちに、今までもやもやとしていたことが次第に言語化されてきました。なんだか気持ちが次第にすっきりして いくのを覚え爽快です(^0^)/。そのエッセイの最後のほうに引用したURLには、『2チャンネルの反応』というものがあります。それをざっとみてる と、やはり、自分の中にあった、漠然としたことが、次第に明確になって行きました。

何が?と言いたいかも知れませんが、ま、しばしの御辛抱を(^^;続きを読む
posted by Dr.MataYan at 10:31| Comment(5) | TrackBack(0) | フェミニズム・男女共同参画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

ジェンダーフリー

2005年1月22日:初出し
2008年(平成20年)4月15日(火):旧ブログより移動
--------------------------------------------------------------------
フェ ミニズムは、わが国においてジェンダーフリーという用語を用いて、女性の社会進出に大きな役割を果たしてきたと言えよう。ところが、このジェンダーフリー という言葉は、いわゆるバックラッシュの嵐に遭遇することとなり、最近ではジェンダーバイアスフリーという言葉になり、また最終的には「男女平等」という 言葉に置き換えられているようだ。
続きを読む
posted by Dr.MataYan at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | フェミニズム・男女共同参画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

田嶋洋子教授のフェミニズム

2004年7月23日:初出し
2008年(平成20年)4月8日(火):旧ブログより移動
------------------------------------------------------------------
古い話題であるが、成り行き上(笑)、掲げることとする。
------------------------------------------------------------------
フェミニストの論客田嶋陽子法大教授の講演が那覇市民会館であったことが本紙上で紹介された。紹介されたものは重大な問題発言である。例えば「女らしい女は人間とは言えない」という結論は二つの問題を含む。続きを読む
posted by Dr.MataYan at 08:33| Comment(3) | TrackBack(0) | フェミニズム・男女共同参画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする