2025年01月01日

まぶい分析学について

<<編集中>> まぶい分析学は、日本文化に基づく心理学と家族療法の体系です。ここで言う日本文化は、アニミズム・シャマニズムに基づくもので、特に現代の沖縄では、祖先祭祀システム、祖先崇拝の伝統文化として、日常生活に深く根を下ろしています。そして、現代の沖縄語(うちな〜方言)は、古代大和語であるとも言われており、したがって、うちな〜口で語る祖先祭祀の精神世界は、古代大和(平安時代〜)の精神世界でもあり、日本人の心の源流とでも言うべきものです。 アニミズム・シャマニズムの世界は、女性優位・男系原理のパラダイムの上に成り立っています。女性優位・男系原理のパラダイムから「甘え」という日本文化を取り除くと、男女平等を理想とするパラダイムになります。つまり、男女平等の上位概念が女性優位・男系原理の日本文化なのです。この日本文化に基づいた心理学はまた家族療法としての機能を有しています。特に家庭で母・妻・主婦の立場にある人が習得することにより、諸問題が自然に解決されていきます(例外もありますが(^^;)。まぶい分析学の学習の方法。まぶい分析学の背景・基礎となっている祖先崇拝・祖先祭祀の視点から見た日本社会の構造(施設見学ツアー学習)。、また、保存・信仰したい伝統文化を学習、実践し問題解決を図る方法もあります。また、講演会も催されますので御利用頂けます。

★本ブログはSPAMを避けるため、コメントやトラックバックは承認制にしています。SPAMを避けるためです。なお、講演、講話など、お受けします。講師料は御予算にあわせます。プロフィール講演要旨(メニューバーのカテゴリの中にあります)を御参考ください。★研究会連絡先 postmaster@matayan.com (半角) 電話 090-1940-0525                                              ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒    本日(2010年5月26日)より、この右側サイドバーにあるように、Amazonアソシエイトの認可が得られました(^0^)。ミクロ代理店のようなものですね(^^ そこで、皆さまにお願いがm(_ _)m 。何か、アマゾンでお買い物があるときは、右のアマゾンの出店からお買い求め頂けば、紹介料という形で、こちらへ入金がなされますので、少しでも研究活動費を捻出するため(^^;、皆さま宜しく御協力をお願い致します。m(_ _)m現在の日本で心理学を学ぼうとすれば、欧米で開発された諸理論をそのまま学ぶことになります。つまり、それを成績優秀で学んで日本人の心理相談に当たるとすれば、それは、困ったときに流暢な日本語を操る欧米人に相談することと同じです。これは考えられないといってよいことです。しかし、現在の日本の心理学の現状でもあります。まぶい分析学は、日本文化に基づいた、日本人のための心理学体系です。もちろん、そこから「甘え」を取り除けば、従来の欧米の心理学と同じになるものです。換言すれば、まぶい分析学は進化した心理学体系です。おこがましいかもしれませんが(^^; フロイトの精神分析学、ユングの分析心理学、そしてDr.MataYanのまぶい分析学と並べてみると、前二者では分析して人の心の状態を知ることは出来ますが、治療となると治療者の技量任せになるのですが、後者では、分析と同時に治療法が示されるという特徴があります。) まぶい分析学が学べる書籍 ← クリックするとその頁へ移動

まぶい分析学講座 ← クリックするとその頁へ移動

まぶい分析学メーリングリスト ← クリックするとその頁へ移動

悩み事・困りごと相談 ← クリックするとその頁へ移動

  まだ工事中のブログですが、ご来訪いただけた方には、可能な限り足跡を残して、あるいは各記事にコメントをつけ、さらにあるいは、専用掲示板にご意見や感想などを残していただければ幸甚に存じます。
posted by Dr.MataYan at 15:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近ブログの更新がないのですが、次はいつ頃ですか?
Posted by ユニオンライアン at 2009年04月07日 19:25
これからちょこちょこブログに遊びに行かせてもらいますね
Posted by けんじ at 2013年05月27日 05:43
ブログ楽しく拝見させていただきました。
とても素晴らしく、勉強になるブログですね!

更新楽しみにしています。
Posted by ゆうた at 2013年05月27日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック