2008年04月04日

まぶい分析学講座

まぶい分析学の講座は、(1)教室での講義と(2)ネット上のテレビ電話(Yahooメッセンジャー使用)の二種があります。講座は、全16回を基本とし、以下のように、毎週1回・2時間前後の授業です。

第1回 「こころ」の成り立ち  第2回 「甘え」とあまやかし  第3回 家族コンプレックス
第4回 事例検討1  第5回 男と女、こころの違い  第6回 男と女、性行動の違い  
第7回 自己不安の構造第  第8回 事例検討2  第9回 社会構造と精神療法
第10回 運命・家系分析  第11回 男女の産み分け法と心理  第12回 事例検討3
第13回 日本文化による夢判断  第14回 色々な性格の起源  第15回 綜合学習
第16回 事例検討4・終了式

の全16回を基本とします。原則として4人以上の生徒が集まった時点で開始します。それまでは登録して待機していただくこととなります。

まぶい分析学講座に引き続き、毎月1回、もしくは2回、問題解決のための支援学習会(事例検討会)を開催しています。この学習会も、教室で開催する場合と、ネット上のテレビ電話で開催する二種があります。


お問い合わせは、
〒904−8799
沖縄市胡屋・沖縄郵便局私書箱205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090−1940−0525
電子メール postmaster@matayan.com(半角に直してください)
posted by Dr.MataYan at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151057054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック